第三外国語

なんかロシア語の記事のツイートがやたらリツイートされていますね。折角なので外国語について書きたいと思います。

僕はドイツ語選択なのですが、1Aセメスターでは第三外国語のフランス語を受講しました。本当はスペイン語がやりたかったのですが、受講できる講義がなかったのです。どういうことかと言うと、第三外国語の授業は多くが1年を通じて受講することが前提となっていて、Aセメスターから受講できるものは数少ないんですね。
いやー、知らずにスペイン語の教室に行ったらいきなり長い文章読まされるんだもの……。死ぬかと思いました。\(^o^)/
これから第三外国語をやろうと思う人はご注意ください。(え?ここに書かずに記事にしろって?……頑張ります。)

さて、話を戻しますが、僕が受講したのは数少ない1セメスターで終了する講義の1つなのです。そういう事情があるので受講人数が多いうえに進度が早い。これはこれで大変でした。
それでも、やっぱり外国語は面白いです。特にドイツ語、フランス語、英語なんてやると相違点・類似点がやたらと見えてきます。
なお、外国語の授業全てについて言えることですが、辞書が高い。まあ長い目でみれば高くはないのですが、短いスパンでは結構な出費ですね。
とか言っていますが、僕は来学期何をとるかウキウキしながら考えています。スペイン語、イタリア語、ロシア語、中国語、etc……。第三外国語のみ開講のトルコ語、ポルトガル語等々まであります。夢は尽きません。
編集後記を遡ると、第四外国語まで受講した先輩がいらっしゃいました。凄い人ですよね。目標にしたいです。
ぐだぐだ書いてきましたが何を言いたいかというと、この間始まった第二外国語特集をよろしくお願いします、ということです‼お楽しみに‼(←強引に入れた申し訳程度の編集後記成分)

大学受験生の皆さんにおかれましては、2次試験を目前にして緊張していることと思います。高校や中学を受験する人も、追い込みに入っていることでしょう。(中学に関して言えば明後日くらいから本番の人が多いのではないでしょうか。)UT-Lifeスタッフ一同、応援しています。(ここを見ている受験生がいるかは気にしない方向でいきます。)
それから、東大受験生の皆さん、当日は是非受験のしおりを貰って下さいね‼
ではでは、受験生の皆さんのご武運を祈りつつ、〆とさせていただきます。