桜は強い!

昨日は風がびゅんびゅんふいている上、冬の寒さがちょっと舞い戻ってきたような日でした。そんな日に私はお花見に行ってきました。

東大の桜もとってもステキだってことは一昨日の八木さんの日記からわかりますね。私はちょっとがんばって皇居、千鳥が淵の桜を見物して来たのでした。

皇居をほぼぐるーっと一周してみると、けっこうな人だかり。桜はいつの時代でも人々のこころをつかんでやまないのですね。

私たち一行も桜のトンネルへ。

桜を見ていてふと気付いたこと。それは、風が荒れ狂うようにびゅんびゅんふいているにもかかわらず桜の花は花びらひとつ落とさずに木にしっかりとくらいついているということ。

咲くときは咲く。散るときは散る。そんな桜の潔い美学を感じました。だから桜はあんなにも見ていて切なくなってしまうのでしょうか。桜の凛とした強さにただただ見とれてしまった一日でした。