北京旅行

学事暦変更により長くなった春期休暇ももうすぐ終わり、同時に僕の3年生としての生活も終わる、そのような時期になりました。

さて、実は僕は3月17日~3月19日まで、法学部の比較政治ゼミの旅行で北京に行っていました。僕にとっては久しぶりの海外旅行で、当初は参加を躊躇していましたが、ゼミ生や教授の協力もあって貴重な体験をさせていただきました。

1日目は頤和園を観光しました。頤和園は清時代の庭園であり、内部には当時の伝統的な様式の建造物が多くあり、人工湖とも相まって幻想的で風格のある光景を味わうことができました。
頤和園

2日目は日本大使館と北京大学を訪れました。大使館では普段は会う機会のほとんど無い在中公使の方のお話を伺い、外交実務と政治学との関係について思いを馳せたり、外交政策の現状を知ったりできました。

北京大学では国際関係学を専攻なさっている院生や学部生の方々と、日中関係のあり方について英語でディスカッションをしました。僕は英語でほとんど発言ができず、外国語でその場の状況に合わせて発言することや、専門用語を外国語でやり取りすることの難しさを実感しました。もちろん大学の授業でも外国語のアウトプットは勉強していたつもりなのですが、この2点は実際に海外の人々と交流しないと体験しづらいと思いました。今後はこれらを意識して外国語を勉強し続けたいと気持ちを新たにしました。
ディスカッション後は北京大学を観光しました。池が有名な観光名所となっているのは東大本郷キャンパスの三四郎池と共通していますが、林ではなく草地となっていて、より解放感がありました。新しい建築物も古いデザインが取り入れられていて、ここからも東大の学部棟とはまた違った魅力を感じました。
夜には大学の食堂で清華大学の学生も含めて一緒に北京ダックなどを頂きました。食堂といっても宴会などのための高級なもので、東大で言えば生協食堂のパーティープランや、キャンパス周辺の飲食店に相当するのだと思われます。僕は中国語選択にも拘わらず中国語を話せないのであまりコミュニケーションを図ることはできませんでしたが、北京大学と清華大学との関係などについて少し会話しました。ここでも外国語の重要性を一層感じました。

3日目には清華大学の2日目とは別の学生と天安門広場を観光しました。中華人民共和国の政治の中心を見て、政治のあり方は都市の光景にも反映されるのでは、なんてことを想像しました。この日に合った学生たちとはSNSでもつながったので、また交流できたら良いな、とも感じました。

この旅行を通して、異文化交流の面白さと、そのための勉強の重要性を、身をもって知ることができました。

冒頭で自分の3年生の終わりに言及しましたが、それはUT-Lifeの編集長としての任期の終わりでもあります。ふがいない編集長でしたが、この団体を今までより俯瞰的に考えることぐらいはできたのではないかな、という自負はあります。しかし、この旅行を通して考えたように、世界は自分が想像する以上に広いのだと思います。このようなことを意識しつつ、残りの学生生活も努力し続けたいです。