猫が昔から好きです。

無邪気だった小学生の頃はよく道端の猫に
「にゃ~ん」
と呼びかけたりしていました。
大抵無視されるか逃げられるかなのですが、
時たま(声に反応してくれていたのかはわからないですが)近寄ってくれることがありました。

先日、猫を見かけたときにそんなことを思い出して、
周りに人が居ないのをきょろきょろと確認した後呼びかけてみました。
「に゛ゃーん」

こんなスピードで走れるのか、と驚くほどのスピードで逃げられました。

そりゃ低い声で怪獣の断末魔みたいなの聞かされたら逃げるわな。
ごめん、猫。魔が差したんです。