学校のにおい

一番うれしかったにおいは、あれだ。

あたらしい教科書。

配られた本を手にとって、パラパラっ。

ページの間に鼻をつっこんで、やったでしょ?

学校のにおいは、変わらないね。

一冊、手にとってみた。

本郷の図書館。

かつて誰がどんな気持ちで

読んだのだろう。

薄暗い書庫で出版年を見て、

ドキドキ。

毎日が、ドキドキ。

銀杏にも負けない東大のにおい。

たぶんなつかしくなるんだろうな。