理科一類→農学部応用生命科学課程生命化学・工学専修(第一段階)

理科一類→農学部応用生命科学課程生命化学・工学専修(第一段階)

1. 進学先を意識し始めたのはいつごろですか。

理科一類に進学したのはいいのですが、理一の学生が本来興味を持つべき数学や物理が大して面白くなく、僕はむしろ生命科学の授業にとても興味を引かれました。その頃から生物に関する研究をする学科を進学先として考え始めました。現在在籍している学科を2年生の学部ガイダンスで詳しく知って、多分ここに進学することになるなと感じていました。

2. 進振りの制度についてどのくらい調べましたか。進学希望先を考えるにあたって役立ったものはありますか。

制度については配布される冊子を数回読んだ程度です。必要な単位数とか、進学先の学科で要求される科目など、多分最低限の知識しかありません。 UTask-Web(編注:前期課程の学生の履修登録や成績管理を行う学務システム)などで入手できる、前年度の進振りの平均点・最低点は何回も目を通しました。見る度に一喜一憂した記憶があります。

3. 授業の取り方など、進振りのために工夫した点はありましたか。

僕の場合は要求科目がなかったので、授業は好き勝手に取りました。もちろん、興味はあまりないが点の欲しさの為だけに取った授業も何コマかあります。

4. 選択肢としてあった進学志望先はどこでしたか。最終的に現在の進学先を選んだ決め手は何でしたか。

他には薬学部や工学部化学生命工学科に進学したいと考えていた時期がありましたが、どちらも点数が足りずに諦めました。 (決め手について)一番は自分のやりたいことが出来るということですが、理一からの進学の場合あまり点数が要求されないということも大きかったです。

5. 第二次は第一次と同じ進学志望先に志望しましたか。

同じところです。事前発表(編注:第一段階第一次の集計結果のこと。この暫定結果を踏まえて、志望先を変更することができる)で進学はほぼ確実だったので、夏休みは楽しかったです。

6. 進振りで困った点や制度の問題点を含め、進振りを終えての率直な感想をお聞かせください。

進振りの制度は大いに不公平です。総合科目に関しては少しは公平さも認めますが、必修科目についてはクラスによって点の取りやすさが違っていたりします。希望通りに進学するには運も必要だと言えそうです。


進振り体験談トップへ戻る

掲載日:
担当: ,