文科三類→教育学部教育社会科学専修比較教育学コース(第一段階)

文科三類→教育学部教育社会科学専修比較教育学コース(第一段階)

1.東大入学時に希望していた進学先はありましたか。

もともと心理学に興味があり、将来は臨床心理士やスクールカウンセラーのような職種に就きたかったので、入学時は教育学部の教育心理学コースへの進学を希望していました。しかし、一般教養の授業を受けて見聞を広めるうちに心変わりするかもしれないし、東京大学の進振り制度はそれを許容しているということも考えていたので、それほど教育心理学コースへの進学に気合が入っていたわけではありません。

2.進振りを意識し始めたのはいつごろですか。(そのときに考えていた進学志望先候補はありますか?)

1年の夏くらいから、漠然と「臨床心理士はちょっと違うんじゃないか?」と思い始めました。個人を相手にするよりも社会全体を対象に研究をしたいと思うようになったからです。また、1年の秋から冬にかけて、他大学の社会学の先生のお話を伺う機会が何度かあり、社会学は面白そうだなあと思い始めました。そのあたりから選択肢が複数現れました。社会学や心理学とは別に文学やヨーロッパの諸言語にも興味があったので、文学部もいいなと思いました。成績に関しては、2学期が終わって、平均点がちょっと下がったのでこれはまずいと焦り始めました。

3.進振りの制度についてどのくらい調べましたか。進学志望先を考えるにあたって役立ったものはありますか。

進振り制度に関しては12月に進学振分けガイダンスを聞きに行ったり、履修の手引きを読んだりした程度です。進学志望先については5月にあった学部ガイダンスを参考にしました。少し毛色が違うところでは、方法基礎でデータ分析を選択しており、自分でアンケートを作って分析するという課題があったので、進振りにおける進路の決定要因についてアンケート調査・分析をして他の人がどんなことを考えているのか調べました。特に役に立ったわけではありませんが……。

4.進振りを意識してやったことはありますか。

教育学部に関しては、要求科目や要望科目は特になかったので、進振りを意識して授業を取ることは無く、興味のある科目を選択していました。教育学に関する講義は、進振りを意識して、というよりは面白そうと思って取っていて、それは進路選択の助けになりました。アウトプットやディスカッションのゼミ形式の講義や外部のスピーカーによるオムニバス形式の講義は知的な刺激になりました。進振りという枠組みとは別に私の今後の学業に役立つように思います。そのほかには、進振りというよりは進学後のことを考えて、心理学をやるにしても社会学をやるにしても統計は必須だと思ったので、1学期に基礎統計を、2学期に統計分析を取りました。

良い点を取る、ということに関して言えば、レポートは努力が報われると思いました。具体的には、図書館(大学の図書館だけではなく地域の図書館や官公庁の図書館)を利用して、時間とお金(コピー代)をかけて資料を集めるとそれなりのものができ、他の学生との差別化を図ることができたと思います。逆に良い点の取りやすい授業についての口コミは真に受けると痛い目に遭う、というのも学びました。

5.進振りに関してこれをやっておけば良かった、ということがあれば教えてください。

心理学から社会学に興味が移ったものの社会学についての知識があまりなかったので、社会学に関する講義をもっと取るか、社会学や教育学についての本を読むべきだったと思います。あと、今後研究活動をするときに必要であろうと考えると、1、2年のうちに英語をもっと勉強するべきだったと思いました。

6.他に進学を考えていた学部・学科はありますか。最終的に現在の進学先を選んだ決め手は何でしたか。

社会学というくくりで考えたとき、教養学部は、本郷キャンパスに通いたかったので、また文学部は、将来の職業にするほど熱意がないと考えてそれぞれ除外しました。色々考えて、自分の中で「教育」というテーマはどうしても捨てられなかったので、教育学部の説明会である先生に「社会学と教育学を一緒にやりたいのですが」と相談したら「それなら比較教育社会学コースしかない」と言われ、最終的にそれが決め手になりました。しかし今にして思えば、すべての社会学を学ぶ学科で同じ質問をするべきだったのではと思いますが。

9.進学先の様子を教えてください。

大学全体の女性の割合が18%であるのに対して、教育学部は35%と女性が多いのですが、その中でも比較教育社会学コースは女性がさらに多いです(16人中10名が女性)。教育学部の授業は4学期のうちは駒場キャンパスで開講されるので、駒場と本郷を行ったり来たりすることがなく、その点はとても楽です。

10.進振りの感想を自由に書いてください。

個人的には、選択肢が広がり、一般教養にも真剣に取り組めるのでいい制度だと思います。自分はその恩恵に与ることができたと思います。


進振り体験談トップへ戻る