進振り座談会

理系の学生のほとんどは東大に入学した後、進振りの洗礼を受けることになります。今のシステムでは、あまり進振りと関わらないのは理科三類くらいなものです。進振り座談会理系編では、2008年度の進振りを終えた3年生有志の4人が進振りの分析や感想などを話しました。ご覧ください。


参加者紹介(敬称略)

  • M.K.【司会】(2006年度入学・理科一類出身・工学部物理工学科3年)
  • N.A.(2006年度入学・理科一類出身・理学部地球惑星物理学科3年)
  • K.K.(2006年度入学・理科二類出身・農学部獣医学課程獣医学専修3年)
  • N.Y.(2006年度入学・理科二類出身・農学部応用生命科学課程生命化学・工学専修3年)

定員数の変化

M.K. まず、定員の変化でも見てみようか。あんま2007年と変わってないけどね。理学部は学科も含めて何も変わってないし。

N.A. 本当だ。全部同じだ。

N.Y. 工学部もほとんど変わってないっぽいね。

M.K. システム創成(以下シス創)がほんのちょっと変わったぐらいだね。2008年からシス創D・E・Fが無くなって精密工学ができたけど、2007年はシス創A~F合わせて169人、2008年もシス創A・B・Cと精密工学を足すと169人で結局変わってない。

K.K. 農学部は2008年から学科の名前や構造が変わったから比較しにくいけど、農学部全体の定数は変わっていないね。薬学部、医学部も同様だね。

N.A. 教養学部は内部で微妙に変わったけど、進学者数とかを見るとあまり変わっていないみたい。

全科類枠について

学科ごとの受け入れ

全科類枠・文科枠の無い学科
学部 学科
機械工学A・B
航空宇宙学
精密工学
電子情報系A・B・C
物理工学
計数工学
マテリアル工学A・B・C
応用化学
化学システム工学
化学生命工学
理・薬・医 該当なし
応用生物学
教養 数理科学
物性科学
分子科学
生体機能

N.Y. 2008年から始まった全科類枠が多いのは、工学部だと都市計画とか建築学とかかな?

M.K. シス創とかも多いよ。なのにシス創から派生したはずの精密工学は全科類枠無いね。

N.A. むしろ他の科類から人を来させないために分かれたんじゃね?

一同 なんだってー。

N.Y. 確かに、精密工学というと文系っぽさは減っているかも。

K.K. 全科類を受け入れる余裕がありそうな社会っぽいのをシス創A・B・Cにまとめて、いかにも工学部っぽいのは精密工学にまとめたのかな。

M.K. 工学部全体を見ても、結局バリバリ理系っぽいところは全科類枠を作っていないという実態が…。

N.A. 機械工学とか行けないじゃん。

M.K. 行けるのは社会基盤・建築・都市環境工学・都市計画・シス創A・B・Cだけか。

N.A. 機械工学・電子情報系・応用物理にはいけない(苦笑)。

N.Y. まあ俺が高校生の時から文転は簡単だけど理転は難しいとか言われていたけどね。断るのもわからなくはないよね。せっかくなら入れてほしいけど。

K.K. 要求科目を取れば理系っぽい工学部にも行けるような対応とかして欲しいけどね。

N.A. 教養学部も理系はあまり全科類枠ないね。

M.K. 確かに。ちょっと意外かも。それに比べて理学部は全科類枠多いね。

N.Y. 全科類枠がない学科がないじゃん。でも文系からの志望者が1人もいない(笑)。理学部は来ていいよって言っても来ないという現状……。

N.A. 理学部は要求科目が結構多いから(注:基本的に理系必修の数学・物理の単位を8割くらい取らないと厳しい)文系から来るのは厳しいんだよね。

M.K. そうすると文系から理学部に行く場合は結局1年生のうちから色々やってなきゃいけなくて、何のために文系に入ったのって話になっちゃうよね。まあ工学部よりいいのかもしれないけど。

N.Y. 農学部は大体どの学科も全科類枠があるね。

M.K. 農業・資源経済学は文科枠まであるし。

K.K. あそこでやっていることはほとんど経済だからね。

N.A. その文科枠の第一段階の内定は文二4人文三2人でちゃんと底点がついたね(注:底点とは、ある枠による内定者の最低点。底点より自分の成績の平均点が高ければ、仮にその枠に志望していた場合入ることができたといえる。底点がつくとは定員割れしないことであり、「底がつく」とも言う)。

M.K. 他もところどころ文系から全科類枠で入っているね。

K.K. 薬学部は要望科目とか多いんじゃなかったっけ? 全科類枠はあるけど、進学内定者を見ると理一・二オンリーだね。

N.A. 要求は必要だけど要望はどうでもいいんじゃない?

M.K. そうだね。要求はどうだったかなぁ(注:薬学部の要求科目は、物質科学・生命科学の基礎科目から4単位と定められている)。

M.K. 医学部医学科は全科類枠3人だけど、文系から1人いるね。文一から平均94.9点取った人が。

N.Y. すげえ(汗)。

M.K. 健康科学・看護学は全科類枠結構多いね。文三から7人入っている。

N.A. 看護って定員割れがものすごくない?

K.K. まあ、イメージ的には看護は最終手段かな。でも医学部だからおいしいなっていう……。

全科類枠導入による理系内の変化

理一→農学部・理二→工学部の推移
年度 2006 2007 2008
理一→農学部 20 24 40
理二→工学部 48 48 82

M.K. 理一と理二の進学先の多様性っていうのは結構実現されたっぽいね。理二→工学部が2006年・2007年・2008年で見ると48・48から82に上がった。

K.K. これは無視できないね。二倍弱。

N.Y. 2008年から理二専用の工学部枠ができたしね。

理一と理二の底点差の例
学部 学科 段階 理一 理二
機械工学B 第一 80.4 64.2
精密工学 第一 64.6 79.2
システム創成C 第一 76.2 83.7
電子情報系A 第一 56.7 67.1
化学システム工学 第一 64.9 77.1
生命化学・工学 第一 58.2 76.1

M.K. ただ、その影響で理一と理二で同じ学科へ行くための底点に差が出たよね。基本的に理二からの方が高いね。あと理二→工学部が増えたのは全科類枠の影響もあるはず。

K.K. で、理一から農学部も増えたよね。

N.Y. 2008年は多かったって教授も言っていたよ。

M.K. 20・24・40か。

N.Y. 理一・三枠ができたからね。あともちろん全科類も。

理一→理学部・理二→理学部の推移
年度 2006 2007 2008
理一→理学部 182 207 200
理二→理学部 102 105 97

M.K. 理学部は、理一からも理二からもあまり変わらないのか。理二からは102・105・97か……。

N.Y. ただ両方とも減っているね。

M.K. 2007年の定員ってさ、理学部全体で287だよね?なのに312も入っている(笑)。2008年も297取ったのか。

N.Y. お情けかけまくりじゃね?(笑)

K.K. 優しい学部ということだよ。

N.Y. でも底はついているんでしょ。お情けは2008年は減らしたのかも。

K.K. 上から圧力があったんじゃないの?

N.Y. まあ何はともあれ理学部は優しいと。

理一→薬学部・理二→薬学部の推移
年度 2006 2007 2008
理一→薬学部 14 17 24
理二→薬学部 75 75 61

N.Y. 薬学部も理一が増えてるね。

M.K. そうだね。ちょっと増えたね。薬学部は理二枠を少し減らして全科類枠を作ったから、それを使って理一が増えたのかな。

N.Y. 全科類枠作っていろんな科類からっていうのは結構成功しているってことかな。

M.K. そうだね。

N.Y. 文理の壁を超えるのはまだ無理だけど、理系の中では結構流動的になってきたってことかな。大学側の狙いはそれなりに成功しているんじゃね?

全科類枠による文転の変化

理一・理二の文転者の推移
科類 進学先 2006 2007 2008
理一 法学部 3 6 2
経済学部 2 4 18
文学部 9 8 12
教育学部 8 10 8
理二 法学部 3 1 4
経済部 5 3 9
文学部 5 15 13
教育学部 6 7 8

M.K. 文系も見てみよう。理系→経済はめっちゃ増えたね。

K.K. 経済は枠自体が増えたからね。

M.K. 理一からは2・4から18でしょ。それで理二からは5・3から9でしょ。

N.Y. 足して7・7が27か。すごいね。

M.K. ほぼ4倍だね。それ以外はあんま変わってないかな?

K.K. 法学部はあんま変わっていないね。

M.K. 法学部はそもそも全科類枠が少ないよね。

N.A. それも文二と文三の人に取られちゃってるしね。

N.Y. 文学部は増えてる?

K.K. 理系→文学部も14・23・25と若干増えてるね。教育学部と教養学部はほとんど変わっていない。

M.K. 結局増えたのは経済学部と文学部か。

N.Y. 文学部ってちょっとびっくり。経済は計算とかで理系っぽいとこあるけど、文学部に行きたい理系がいるのか……。点数は?

N.A. 色々。70点台から50点台まで。

K.K. 積極的に行きたかった人と、そうじゃない人がいるわけかな。

M.K. でも行かざるを得ないとしても60点くらいあれば結構いろんなとこいけるよね。

N.Y. 工学部とか底割れしているわけだしね。今までも文学部の需要があったのか最近増えたのかどっちなんだろ?

N.A. 志望集計表を見れば、最初から希望してたのか途中で変えたのかわかるんじゃない?

K.K. うーん。志望集計の段階から結構いるよ。

N.Y. やっぱり需要はあったんだよ。ただ理系の語学の授業は減ったよね。それは影響ないのかな。

M.K. 文学部に文転するのってさ、どっちかというと大学に入って語学に目覚めた人っていうより大学に入って理系が嫌になった人なんじゃないかな……。

K.K. そんな気がする。

N.Y. そんな気がする。でも目覚めた人もいると思うよ。

K.K. でもやっぱ多いのは、嫌になった人だろうね。

M.K. 嫌になるかどうかは語学の授業の多さに関係ないじゃん。まあ理系→文学部が増えたのは誤差の範囲かも。

底点と底割れの変化

底割れの変化

M.K. 2008年は第二段階が底割れしまくりだったね。今回から2年生にあがる時に留年があって人が減ったせいだと思うけど。

K.K. そうだね。昔は点数が低くても引きずられて2年になれたらしいしね。

N.Y. でも来年は留年者が出る分、今回留年した奴らがいるからあんまり意味ないかも。2008年の人はラッキーでしたって感じかな。

M.K. そうすると来年は低いかもしれないけど底点はつくと。

N.Y. 底点は来年高くならないかな?

M.K. 留年制度と底点はあんま関係ないんじゃないの? あ、でも第二外国語だけできなくて留年したけど他は高得点って人が語学で75点とったら恐ろしいかも。

K.K. そうだね。語学は75点まで取れる。しかも、語学の再履修は100点を75点に圧縮するのではなく、75点より上が切られるからそれほど難しくはないし。まあ、2008年の第二段階は強気に出てよかった。

N.Y. 第二段階で滑り込んだ俺は結果的に勝ち組。

M.K. 2008年の第二段階は工学部で特に底割れが多い。理一枠が底割れしたのは、社会基盤A、B・都市環境工学・都市計画・機械工B・電子情報系A、B、C・物理工学・計数工学・マテリアル工学C・応用化学・化学システム工学。こんな感じかな。理二・三枠や全科類枠は数がそもそも少ないからほとんど定員割れしていないみたいだけど。

N.Y. 人気なとこも結構定員割れしているね。

M.K. 理一から工学部で70点以上の底点がついたのはシス創Cと化学生命工学だけとか……。第二段階で74.8と74.2だから、ほかの学科が60点台とかそんなところなのに、この二つは異常に高い。なんでだろうね。

N.A. 理学部はほとんど定員割れしてないよね?

M.K. 情報科学だけだね。

K.K. 農学部は?

M.K. まあところどころ定員割れしているけど、その数は工学部より少ないね。

N.Y. 俺が生命化学工学に入れたのはお情けだね(笑)。

K.K. 理一からの人数が少なかったりすると理二からの人数がお情けで増えるのかな。

M.K. でも合計では足りてないよね。定員割れ?

N.Y. いや、お情けでもここまでというラインがあるかも。理二からはもっと志望者がいるはず。

N.A. 70点以上は定員より多くても取ったんじゃない?

M.K. なるほど。それで理一は点数低くても理一枠があったから入れたと。

M.K. 医学部はどうだろう。第一段階は底割れとかするはずないとして、第二志望は……、理三枠しかないのか。しかも定員割れしてる。

K.K. 留年のせいだ(笑)。進学振り分けで下3人が消えるというのは、留年で勝手にそのくらい消えるから脅しになってないという……。

底点の変化

底点の変化(第一段階)
学部 学科 2006 2007 2008
情報科学 71.9 70.6 57.8
物理学 83.2 83.8 80.0
化学 81.6 79.8 73.3
計数工学 71.9 72.0 67.6
航空宇宙学 78.7 80.0 77.3
応用化学 77.3 77.5 72.6

M.K. 2008年はなぜか理一メインの人気学科は第一段階から底点が下がっている。理物(注:理学部物理学科)や航空宇宙も下がってきてるし。機械工Bはまだ保っているんだけど。

K.K. 逆に人気ないとこは上がっているの?

M.K. べつにそんなに上がっているわけでもない。点数的なことでいえば2008年はおいしかったと思う。

N.Y. 留年の影響じゃね?

M.K. そんなに底点に影響するのかな? だって、留年した人でしょ。

N.Y. 確かに点数高い人が行くとこ変えないとこの現象起こんないよね。じゃぁ他の所に行きたい人が増えたってことかな。点数が高い人も理二に流れているっていうのは絶対あるよね。

M.K. あるかもね。あと点数高い人が経済学部に行ったのかも。

K.K. でもそれってそんなに人数多いかな? それより2008年の進振りは全体的に点数が取りづらかったとかいうことはないの?

M.K. 確かに……。それはあるかもね。

K.K. カリキュラムが変わって、上からのシケプリが来なくなったり。

N.Y. 授業を切れなくなったのも一応あるかも。総合で不可取っても重率0.1で点数に入るしね。

M.K. あと、ここ数年で底点がやたら変わったのは、理学部情報学科の第一段階底点71.9・70.6・57.8

N.Y. 何それ。

M.K. わかんない。

N.Y. それ敬遠されてそうなったのか、人気がなくなったのか……。

M.K. 2002年からの第一段階底点を言ってくと、80.5・81.2・80.2・70.6・71.9・70.6・57.8。

K.K. もうだめだ(笑)。

N.A. 2008年は第一段階から底割れしているじゃん。

N.Y. てか底割れしてるとこの要因は分析難しい気がする。

K.K. でも今までは底割れてないんでしょ。

M.K. うん。実際さあ、その目立ったとこの志望集計表の第一段階の人数の推移を見ると…。

志望者数の推移
学部 学科 2006 2007 2008
情報科学 23 27 17
計数工学 51 49 39
電子・情報系B 51 52 44
電子・情報系C 20 27 17
システム創成B 18 29 38

M.K. 理情(注:理学部情報学科)は23・27・17というなかなかの下がりっぷり。

K.K. 何人取るんだっけ?

M.K. 第一段階で21。

N.Y. それは実際人気なくなったっぽいね。

M.K. うん。計数工もね、一昨年は51人志望者がいて2007年も49人いたんだけど、2008年は39人に落ちた。

K.K. 科目的に共通性あるの?

M.K. 情報数理とかをやる感じかな。あと電子情報も、ちょっとずつ落ちてる。なんかね、志望集計表を見ると2008年は情報系があんま人気ないんだよね。そんな中で、唯一シス創Bが増えている。18・29・38。

N.Y. すごいね、なんで?

M.K. オンレコなのにオフレコなこというと、情報の授業の内容が変わって、新しい内容のせいで敬遠する人が増えたんじゃないかと個人的に思っているんだけど……。

一同 (苦笑)。

N.Y. プログラミングにはまる人は絶対減ったよね。

M.K. 情報の授業でそういうことを扱う量は減ったからね。全体としてみれば理情とか計数工に行こうと思ったけどやっぱりシス創Bにしたとかそういう感じじゃね? だから情報系で、しかもわりと純粋に情報をやるところは結構減ったと思う。

N.Y. なるほど。

M.K. シス創Bはどっちかっていうと応用的なことやるじゃん。でも理情とか計数工とかは理論的なことじゃん。

N.Y. それは結構でかいかも。情報の授業内容全然変わったらしいしね。

K.K. 俺らの1つ上の学年は結構実践的なこととかやっていたみたいだもんね。

M.K. プログラミングとかやっていたらしいよね。俺らからシャノンの情報なんとかとか。

M.K. 結局第二段階でも高い底点を保っているのは、薬学とか獣医とか医学とかそういうとこなんだよね。

K.K. どっちかっていうと資格がとれる系かな?

M.K. そうかも。そっちの方は80前後保っているんだけど、工学部や理学部とかは、第二段階までみると、相当底点が下がっている。

K.K. さっきの情報の話もそうだけど、全体として実利主義っていうか…。

N.Y. まあ就職厳しいっすからねえ(苦笑)。実際問題として。

その他いろいろ

志望集計の特徴

M.K. 昨日志望集計表見てて面白かったのが、志望集計って第一次と第二次があるのにほとんど志望が変わらない。変える人が50人に1人とか100人に1人とかそういうレベル。

N.Y. 第二次やる意味ないじゃん(笑)。

K.K. それはおもしろいね。

N.Y. でも本番は結構志望変えるよね。

M.K. そう、だから第二次までは結構攻めていく人が多いっぽい。

K.K. それはわかる気がする。

N.Y. まあどっちかっていうとどのくらいの人が離れるかを見たい感じだから、第二段階をみて決めようって人ばっかりだと確かに変わらないよね。

M.K. そうそう、第二次集計まではみんな第一志望を目指している。

N.A. でも俺は変えたよ。相殺とかはないのかな?

N.Y. あんまないと思うよ。点数が高すぎるから辞めるか低めだから行くかでしょ? だからあんま相殺しないと思う。

M.K. それでも点数が結構変わっている。第二次集計では点数が全然高い。3学期はみんな点数上がるっぽいね。

N.Y. 必修がほとんどなくて選択が多いからかな……。

M.K. あと2学期は総合科目のA~Fを全部ちゃんと取らないと0点として計算されるじゃん。あれがひどく点を押し下げている気がする

N.Y. そっか。

K.K. 3学期にそういうのを取ろうとしている人は低めに出てるってことか。

N.Y. 俺はE・F4単位分足りなかったし。

K.K. それで3学期にどんくらい上がった?

N.Y. 2,3点上がったかな? 確かにそれは大きいかも。あの平均点の出し方はおかしかった。確かに3学期で点数変わるんなら、みんなその点数見てから考えようと思って志望を変えないかも。「3学期できたんじゃね?」って思う人は志望をあんま変えないでしょ。

K.K. 点数が上がることも考えて志望先考えた方がいいかも。

M.K. むしろ2学期までにちゃんと総合科目を取った人は、自分の点は上がらないけど、周りは上がるから気をつけろって感じだよね。

N.Y. 要するに第一次の点数はあてにならない。2学期までに必要な単位取れちゃっている人は気をつけろと。

K.K. 2,3点は簡単に上がるってことか。

変動する点数

M.K. 天文学が、第二次志望の段階で理一枠86.5で全科類枠は85.3だったのに、第一段階の内定で、全科類枠の底点が68.0にまで下がった。

一同 ええー!?

N.Y. みんな敬遠しまくったってこと? 68.0の奴は大勝だね。でもそれで志望変えなかったのはえらいよね。進振りには魔物が棲むのか。

志望の傾向

該当データ
年度 2006 2007 2008
理学部
物理学
志望者 55 80 69
底点 83.2 83.8 80.0
工学部
航空宇宙学
志望者 56 87 57
底点 78.7 80.0 77.3

M.K. あと志望者の年ごとの変化もなかなか面白いよ。第一段階の志望で2006年の理物が55人、2007年の志望が80人、それで2008年は志望が69人に落ち着いた。

N.Y. なんで2007年そんなに増えたの?

M.K. わかんない。航空宇宙も2007年だけ多くて2006年が56、2007年が87、2008年が57。

N.Y. ずいぶん変わるね。

M.K. 2007年理物と航空宇宙が理一でやたら人気だった。でも底点はあまり変わらない。

N.Y. なにそれ。

M.K. 理物は一昨年定員割れしたから、それで増えたのかなとも思うけど……。志望者の数は年ごとに結構変わっているんだよね。なのに底点は安定している。

K.K. これ説明するの難しいね。

N.Y. 変化するのは点数が低い人ってことだよね。それで点数が高い人はあまり志望を変えないと。

M.K. まあそうなるけど。なんか東大の中で自分はこの点だからこの学科だなみたいな考えも結構あるんじゃないかな。この学科はこのぐらいの人数が行く学科、じゃなくてこの学科はこのぐらいの点数の人が行く学科っていう意識ができるから、底点は安定するんじゃないかな。それで点数が高い人は毎年似たようなとこに行きたがる。

N.Y. まああんまいいことじゃないよね。

M.K. だよね。

N.Y. 東大側としてはもっとみんな主体性持ちやがれって言いたいだろうね。なんのための進振りだみたいな。

K.K. とりあえずいい点数取っておこうって人は結構いるよね。

N.Y. それもいるね。とりあえずいい点取っとこうって人も、いい点取ったとして、それで点数低い所に行くかというと……。どうなんだろ?

K.K. とりあえずこの段階になっても行く場所決まってない人は自分の点数に見合ったとこに行くんじゃないかな。あまり志望を決めてない人が東大には結構いるってことだと思う。みんな最初から行きたい学科決めてたら点数はすごく推移するはず。

N.Y. それはそうだ。

K.K. だから東大って決めた人も多いだろうしね。

N.Y. 俺もそうだもん。モラトリアムしたいから東大に。

M.K. 俺もそれで東大か東工大に……。

N.Y. まぁ1年半とかそこらで考えられるかというとそうでもない気もする。

M.K. しかも、どの学科が何やっているかって結構わかりにくいしね。

N.Y. そうそうそう。

K.K. 何かわかるとしたら自分は結構理系に向いてないとかそういうことでしょ。

N.Y. 1年半の間で変わるとしたら、総合科目で出会うってあるかもしれないけど……。総合科目も自分の好きなの選ぶしね。自分からアクティブに活動する人しかあんま意味ないよね。

M.K. そうだね。

N.Y. でなきゃ進振りの意味があんまないもんね。

K.K. 東大は結構学生に積極的になって欲しい感じだよね。ただ、あまり積極的に他のことをやる暇がない。必修で結構精一杯だよね。

N.Y. 総合科目も自分が好きなのか点数取りやすいで選ぶから。

K.K. そうそう、みんな結構点数で動くよね。

M.K. 俺も総合のA~Dはそんな感じで動いた。

N.Y. むしろ俺はE・Fだったよ。

K.K. 点数で進学先を分けられるなら点数を取りやすいとこに行くのはある意味当たり前だよね。

N.Y. そのへんは東大にどうにかしてほしいよね。総合科目は点数取りやすいのと取りにくいのが分かれ過ぎだよ。

K.K. 総合は出席適当に書いてれば優ってとこもあるし。

N.Y. おもしろそうだけど点数厳しいからやめとくというのも普通にあるもん。

K.K. そうだね。確かにたくさん取ることはできるけど、実際点数とか考えると取りづらい。

N.Y. あと興味無いのに突っ込みにくいよね。それも点数と関係あるかもしれないけど。ゼミみたいな単位だけのを増やせばいいんじゃね?

K.K. 総合科目の重率0.1の加算はやめてほしい。

M.K. そうだね。

N.Y. あれはすごいよくないと思う。総合科目の履修に勇気がいる。


進振り座談会を読んでいただきありがとうございました。ここに書いてあることは実はとある学生たちの戯言……。しかしこれを読んだ人が進振りに興味を持ってくれたり、進振りの参考にしてくれたらうれしい限りです。進振りは駒場の学生生活の区切りとなるものです。是非十分考えて悔いのない選択をして下さい!


進振り座談会トップへ戻る

関連リンク:進振りシミュレーション
進振り体験談

掲載日:
担当: ,