授業期間とコマ数

授業期間と長期休み

東大では2015年度から、「夏学期・冬学期」の学期制度をやめ「2セメスター・4ターム制」を採用しています。これは、年間をSセメスター/Aセメスターに二分するセメスター制と、S1/S2/A1/A2またはS1/A1/A2/Wに四分するターム制を併用するものです。1セメスターは13週の講義、1タームは7週の講義から成ります。基本的に講義はセメスター単位またはターム単位で開講され、成績もそれらごとに付けられます。

このような学事歴は東大の中でも学部によって異なりますが、教養学部前期課程の1年間は大雑把に言って右のようになります。

4月~5月 S1
6月~7月 S2
8月~9月 夏休み
9月~11月 A1
11月~1月 A2
2月~3月 春休み

後期課程についても多くの学部は上記と同じです。Wタームが設定されている農学部では右のようになります。

4月~5月 S1
6月~9月 夏休み
9月~11月 A1
11月~1月 A2
2月~3月 W
3月 春休み

Sセメスター・S2タームの試験が終わると、8月と9月のほぼ2か月間にわたる長い夏休みがやって来ます。夏休みの間は、バイトに打ち込んだり、サークルで合宿に行ったり、地元に帰ってのんびりしたりと、思い思いに過ごすことができます。
A2タームは年末年始期間を含んでいますので、約1週間の冬休みが挟まれます。成人の日の前に講義日が設定されているため、新成人の学生はその日の講義に出席するかどうかの選択を迫られます。
2月中旬から4月上旬にかけての約1か月半は春休みとなります。やはり長い休みなので思い思いの過ごし方がありますが、この時期にはサークルの新歓活動にいそしむ学生が多くいます。
これらの長期休みを合わせると、1年の約3分の1、4か月は長期休みであるといえます。これだけ長い休みを取れるのは大学生だけでしょうから、ぜひとも有効に使っていきたいものです。

授業時間とコマ数

東大の授業は基本的に1回105分で行われます。もっとも、一部の学部や学科では異なる場合もあります。この一区切りの時間は1コマとも呼ばれます。東大のほとんどの授業は、ターム科目が週1コマまたは週2コマ、セメスター科目が週1コマのペースで行われます。また、実験や演習などは1週間に(連続して)何コマもあるのが普通となっています。

授業を履修した場合、試験に合格するなどして基準を満たすと、「単位」という形でその科目が成績に加算されます。「単位」とは大学での学修の量を示すものであり、進学や卒業の条件は取得した単位の数と種類で定められています。単位と授業科目の種類については学部・学科によって定め方がだいぶ異なりますが、大まかに分けて必修科目と選択科目とがあります。

また、学年・学期あたりの履修登録可能単位数に上限を設ける「キャップ制」が一部の学部に導入されています。文部科学省の省令で1単位は45時間の学修を必要とする内容で構成されているということになっていますが、これに従うと1日あたり10時間の学修を13週間毎日続けても約20.2単位分にしかなりません。学習時間が伴っていないのに単位を認定させる訳にはいかないという論理により、履修登録できる単位数が制限されるのです。

掲載日: 更新日:
担当: , 坂井桂祐