理科一類

一類 ニ類 三類
文科 文一 文二 文三
理科 理一 理二 理三

第1学期(1年夏学期)

1時限目
9:00 〜 10:30
    基礎統計 身体運動・健康科学実習Ⅰ 英語二列P(PA)
2時限目
10:40 〜 12:10
中国語初級(演習) 中級英語(R) 英語一列① 力学A 情報
3時限目
13:00 〜 14:30
数学Ⅱ     小型風力発電を通じて環境エネルギーを考える―2  
4時限目
14:50 〜 16:20
数学演習 現代教育論 熱力学 中国語二列① 生命科学
5時限目
16:30 〜 18:00
中国語一列① 社会・制度一般(コンピュータモデルで社会を見る) 数学ⅠB   基礎現代化学

※表中の色分け:
必修科目総合科目主題科目

1学期は必修で時間割の大半は決まってしまうので、空いている時間にとにかく興味のある科目を入れました。点数や系列などあまり意識せずに入れたのですが、結果的に総合科目は文科系と理科系にばらけて履修することができました。「基礎統計」と「基礎現代化学」は、先輩から「理系なら必修も同然だ」との助言を頂いたため履修を決めました。

第2学期(1年冬学期)

1時限目
9:00 〜 10:30
        英語二列R
2時限目
10:40 〜 12:10
健康スポーツ医学 情報科学 英語一列② 電磁気学A 図形科学Ⅰ
3時限目
13:00 〜 14:30
数学Ⅱ 基礎化学実験   身体運動・健康科学実習Ⅱ  
4時限目
14:50 〜 16:20
数学演習 基礎化学実験 振動・波動論 中国語二列② 構造化学
5時限目
16:30 〜 18:00
中国語一列①   数学ⅠB ウィルス・細菌・プリオン:病原体vs.人間 地球環境論

※表中の色分け:
必修科目クラス指定のある総合科目総合科目主題科目

2学期も1学期と同じ数の必修科目があるうえに、クラス指定のある総合科目もあるため、これらの科目を履修すると時間割の自由度は更に狭まります。1限の必修の授業数が運よく少なかったため、1限をできるだけ空けておくことを考えて、残りの時間で興味のある講義を少しだけ選んだら時間割の完成です。

第3学期(2年夏学期)

1時限目
9:00 〜 10:30
         
2時限目
10:40 〜 12:10
  数理科学Ⅰ 数理科学Ⅱ    
3時限目
13:00 〜 14:30
物性化学 基礎物理学実験      
4時限目
14:50 〜 16:20
図形科学Ⅱ 基礎物理学実験   英語二列C  
5時限目
16:30 〜 18:00
応用情報技術概論     物質・生命一般(次世代社会のための環境・エネルギー工学入門~化学を基盤としたシステム的アプローチ~) 教育臨床心理学

※表中の色分け:
必修科目クラス指定のある総合科目総合科目

3学期は進振り前の最後の学期であるために、平均点を少しでもあげようという目的の時間割を組む人も多いのですが、私の希望する学科はそこまでの高得点を必要としない、ということもあって、何も考えずに興味を持った講義を入れていきました。図形科学Ⅱは毎週の課題が多く、水曜日は2限の講義を受けたあと、ずっと大学の情報教育棟で課題をするようになりました。

掲載日:
担当: ,