物質・生命一般「バイオテクノロジー基礎」

総合科目E系列「物質・生命一般」の一つに「バイオテクノロジー基礎」という講義があります。この講義では農学生命科学研究科の応用生命工学専攻の先生方がオムニバス形式でそれぞれの研究分野についてのお話をされます。今回は代表として日高真誠准教授にお話を伺いました。


講義名の「バイオテクノロジー基礎」について

「バイオテクノロジー基礎」は言葉の上では「バイオテクノロジー」というのを使っています。たぶん今の皆さんにとっては「バイオテクノロジー」というとまず始めに抱く印象は「ライフサイエンス」だと思うんですね。高校生くらいで学ぶものと言ったら「バイオテクノロジー」=「ライフサイエンス」「バイオテクノロジー=ライフサイエンス」。「ライフサイエンス」というのは要するに人間を解明して人間の生活をより良くしようという部分の雰囲気面(こっちの方が据わりがよいと思います)が強いのではないかと思うんです。でも、農芸化学における「バイオテクノロジー」というのはもともと生物が持っている機能をともかく解析していって、その中から私たちにとって有益なものが見つけられたらそれをうまく使っていこうというものなんです。「ライフサイエンス」とは全く意味が違うということを目立たせたい、「バイオテクノロジー」の持つ本来の意味をきちっと理解してもらいたいという意味であえて「バイオテクノロジー」という言葉を使っています。

講義の内容について

僕が所属している農学生命科学研究科の応用生命工学専攻は微生物を使った研究を主にやるような研究室が集まっています。微生物というのは、実践上は肉眼で見えない生物を言います。小学校の時に虫眼鏡でミジンコの観察をやったと思いますけれど、肉眼で見えるか見えないかぎりぎりのミジンコとかミドリムシとかあの辺が微生物の始まり。原生動物の類はすべて微生物の範疇に入ってきて、カビや酵母も研究対象になっています。カビなんかはパンに青カビが生えてぱっと眼に見えるようになりますよね。それはものすごくたくさんの細胞がより寄り集まってああいう集合体になっているから見えるのであって、一つ一つの細胞にばらしてみるとやっぱり見えなくなるなります。きのこも食べられるくらい大きくなりますが、あれも微生物の一種です。

なぜ微生物を研究しているのかというと、(←削除)微生物というのはものすごくたくさんの種があるあります。細菌という種で今わかっているだけで1万種くらい。、それが次にカビになると5万種くらいいるのかな。それからさらに原生動物とかになってくるとよくわからないくらいの数が存在して、微生物というのはとても対象が広いんですね。だから多くの人間がいろんな所を研究していこうとしています。授業を構成する際には、研究対象が微生物ですよということを強く主張するし、それを理解してもらいたいと思っています。端的にいえば、微生物というのはまだまだ人間が探究しつくせていない大いなる能力を持った生物なので、その能力をいかに今後解析していって僕らの手の中に入れるかということを探究していくのがこれからの「バイオテクノロジー」だと思います。

その微生物に関してのバックグラウンドをいうと、僕が駒場東大に入った三十何年前というのは、日本は抗生物質を作るという産業がものすごく盛り上がっていて世界で一番の(←削除)抗生物質を作る国でした。抗生物質とは何かというと病原微生物などの微生物を攻撃して殺してくれる薬のようなもので、微生物によって作られます。今皆さんは身の回りの品物が全部抗菌仕様だという状態に何の違和感も持たないと思いますが、抗菌仕様というように微生物というのはともかく悪いやつだという形でのマーケティングが進んでしまって、皆さんの頭の中にもう「微生物=悪」という印象が強く植え付けられているんですよね。どちらかというと今の人たちで微生物を研究したいという人は、病原菌の研究をして病気にならないような方向に研究を発展させようとしている人が多いんですよ。ただ、当時の抗生物質産業の人たちというのは特にその薬を作って人間の病気を治すということを目標に研究していたのではなくて、微生物の抗生物質を作るというすごく面白い能力の背景は何なのかということを明らかにしたくて一生懸命だったんですね。そういう中で抗生物質が医学にすごく応用できて病気を治し健康状態をアップして寿命を延ばし、人類の福祉に貢献したわけですよね。僕らは駒場に入ったいた時にまず、微生物の持つ能力の面白さを当時の農学の先生たちが講義してくれました。今僕がやっている講義の前身を受講してそこで僕は微生物の持つ能力の面白さにはまったわけです。そういう形で微生物は面白いんだ、その能力を知りたいと思ってずっと研究していました。

しかしその中で時代の流れがあってバブルが弾けたりして経済が傾いた時代があったんです。そういう時に一端抗生物質に関する研究が止まるんですね。基礎研究をやって面白いのを見つけてそれを産物にするのが会社ですよね。会社が弱ってくると会社の中での研究そのものが弱くなってきて、微生物が注目を浴びなくなっていきました。国の方針も元々は微生物学者が微生物の能力を研究している中において抗生物質という産物が出てきたはずだったのに、今度は病原微生物という立場の研究が上にきて、ここからあなたたちは抗生物質を作りなさいと、僕らに対して半ば強制的な研究の方向性を持ってくるという形に国の方針がなっちゃったんですよね。そのため微生物の能力をどうやって引き出すかという研究から、新しい物質を数多く作れさえすればいいという感じに研究がシフトしてしまったんですが、そういうことに関する研究はアメリカの方が得意だったんですよね。アメリカにわっと先にやられてしまって、余計やればできるんだからただやりなさいと言われる方向になってしまいました。

今の僕らはもう一遍微生物の能力を開拓していくっていう僕らの根本的な部分を発展させたいというモチベーションで研究をやっているし、僕らのそうした強気の部分というのを今の学生さんたちにも分かってもらうとともに、微生物が本当はいい生き物なんだということを知ってもらって、それらに対する研究をやってみたいという気持ちを持ってもらえればいいなと思ってこの講義をやっています。

進振りを控えた駒場生へ

農学部には「農」という字がついていて、皆さんがどういう印象を持つか分かりません。鋤や鍬を持って畑を耕しているという印象を持っている人がいるかもしれませんが今さら鋤や鍬は持たないで、トラクターをガーっと使うというような実践部分での研究をしている人もいます。あるいは植物の持っている能力を探っていくことで、新しい品種を作るのに資する研究を行っている人たちもいます。あとは水産なんかで海の生物を対象とした研究をしている人たちもいます。そういう中で僕らの所属する農学部の応用生命工学専攻というのが微生物を対象とした研究をしていて、実験用に確立された微生物を使って基礎研究を進めています。今では微生物の持っている遺伝子というのはすべて塩基配列で決定されてしまって、この塩基配列の中から新しい機能を見つけ出すと考えることができるので、そういう形で研究しています。僕のように土の中にはまだ僕らの知らない素晴らしい能力を持った微生物がいっぱいあるはずで、その微生物を捕まえてきてうまく使うためにはどうすればよいのかということを研究している人もいます。生物を対象とした研究とは言っても、僕のように田んぼの土を相手にしてそこから微生物をとって研究している人もいれば、一回も実験室から外に出たことのない人たちもいます。ともかく農学部はフィールドというか研究の分野がすごく広いので、とりあえず来てみて3年生になってから考えてもまだ十分。そしてどういうことが自分に向いているんだろうかということを考える余裕がある世界です。進振りの時には応用生命工学と応用生命化学というのが一緒になっています。微生物の中でも幅の広い実験対象があるし、応用生命化学の方では食品を相手にした研究でマウスを使った研究があったりとか(←削除)、あるいは(←削除)有機合成をする研究だったりとかがあったりして、かなりバラエティに富んだ研究に触れることができます。そういうことを幅広く知りたいと思う人はここに進学してくるとそういう勉強ができます。だから来て下さい。

あとがき

入学時はあまりいいイメージのなかった微生物ですが、私はこの講義を受講してみて、微生物の不思議で面白い能力に興味を持ちました。試験の後、希望者を募っての研究室見学で見せてもらった微生物がとてもかわいく感じたのはおそらく私だけではなかったことと思います。

掲載日:
担当: ,