英語二列(PO)

英語二列という講義は、1年生の夏学期・冬学期および2年生の夏学期に、文科一類から理科三類までの全学生が必修科目として受講する講義で、各学期ごとに開講される種目(講義の大まかな内容)が決まっている。(→学びナビ・コラム「英語二列の種類分け」) 今回の講義紹介では、英語二列の講義を2006年度に担当された高橋英海准教授に、「英語二列(PO)」についてのお話をうかがった。


1.「英語二列(PO)」について | 2.学生に対して


「英語二列(PO)」について

高橋先生

駒場の英語の授業としては、英語一列と二列の二つがあります。英語一列という授業では、大人数制の授業を行っているのに対して、英語二列は少人数クラスになっていて、その中で授業をしています。

言語の中には、大きく分けると、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4つの要素があります。一年生の場合、Rの授業では主に「読む」という部分について授業をしているんですね。一方、Pの授業はある程度選べるようになっていて、ライティング(PW)かプレゼンテーション(PO)ということになっています。なので、POという授業は、基本的には「話す」ということに関する授業ですが、その中でも普通の会話などではなく、専門的でアカデミックな内容について英語で話す、という訓練をする授業だと私は理解しています。

学生の皆さんは、この先、大学というところに残って研究をするのかもしれないですし、また企業に就職するなどして、研究ではない形で仕事をするのかもしれませんが、どちらにしても、多くの人に向けて発表しなければならない、という機会にめぐり合うと思うんです。また、特にこれからは、英語で発表しなければならない機会は増えると思います。ですから、英語で発表するということの練習、という意味もあると思います。

また、英語という側面を抜きにしても、日本語で発表する練習をする授業って、あまりないですよね。ですから、発表するという経験を通して、相手に効率的に自分の伝えたい内容を伝えるにはどうすればいいのか、というようなことを考えてほしいんです。さらに、学会での発表やゼミの発表では、文献の使い方などのいわば「しきたり」があるので、そのようなことも身につけてほしい。そんなつもりで授業をしています。

大学で英語を学ぶ意義

大学で英語を学ぶ意義としては、二つの理由を考えていいと思います。一つは、実用的な側面ですね。先ほど言ったように、この先研究をするにしても、それ以外の仕事をするにしても、英語で情報を発信していく必要があるはずです。また、現在世界で出回っている情報量は圧倒的に英語が多くなっていますから、英文の資料をどんどん読んでいかなければならなくなります。そのためには、もちろん高校のレベルの英語では全然足りないので、続けて勉強していく必要があるわけです。

もう一つは、教養的な側面、と言えるかもしれません。この中でもさらに、英語を通して世界を知る、ということと、他者を知ることによって己を知る、ということの二つに分かれるかもしれないですね。

高橋先生

英語を通して世界を知る、というのは、先ほども言ったように、今世界で出回っている情報のうちかなりの割合は英語ですから、それらの情報を通して世界を知る、ということです。英語によって英米について知ることができるのはもちろんですが、たとえば、英語を公用語としている国で一番人口が多いのは、実はインドなんです。ですから、英米豪などの文化だけではなくて、たとえばインドの文化やインドの社会についても、英語を通して非常に多くの情報が実は手に入ったりするわけです。そのように、英語はいまや、いわば世界を知るための「道」となっているので、そのために英語を学ぶ、という意味もあります。

ただ、言葉というのは文化でもありますから、英語を通しての情報だと、われわれの文化の理解も英米一辺倒になってしまう危険性があると思うんです。ですから私は、英語ばかりになってしまっているこの世界を危惧していて、本当は英語だけじゃなくて他の言語もやれるといいと思うんですが……。でも、英語を使うにしても、英語はもうすでに英米だけの言葉ではなくなっていますから、本当は、英語の授業でインド英語とかアフリカ英語などもやればいいと思うんですよね。インド英語なんて慣れないと聞き取れないですから、リスニングでインド英語を聞いて慣れさせるとか、そういう授業があってもいいと思うんです。

教養的な側面としてもう一つ、他者を知ることによって己を知る、という部分もあります。人間というのは、自分と他とを比べることによって、自分にどういう特徴があるかわかるわけですよね。言語という面について言えば、英語を学ぶことによって日本語について、たとえば主語と目的語があるとか、動詞には主語が必要だとかいうことを学ぶわけです。あるいは、もうちょっと広く文化についても、英語を通して、日本の社会はどういうものなのか、というようなことを学ぶんだと思います。日本の場合、昔は英語ではなく漢文だったわけですが、古くからそのような形でもう一つのスタンダードと触れ合うことで、世界が大きく広がっていたわけです。ヨーロッパではかつてラテン語がそのような役割を担っていたのですが、漢文が英語に取って代わられてしまった今の日本と同じように、ヨーロッパではラテン語が廃れてしまっています。特に英米の人たちは、あまり他の言葉を勉強しなくても、自分の言語で完全に通じてしまうわけですが、それは実は危険な状況なんだと思います。

高校までの英語学習との違いとしては、学生の学ぶ目的がしっかりしていてほしいとは願ってます。高校の場合は、やっぱりどうしても受験のためであったりするんだと思うんですが、大学では、自分は将来こういう分野のこういう研究をするんだから、こういう英文に慣れておかなきゃいけない、というような、教わるほうが持っていてほしい意識の違いはあります。教える側の違いというのは、あまり意識したことはないですね。


1.「英語二列(PO)」について | 2.学生に対して