現代教育論

今回の講義紹介では、毎学期開講され、非常に多くの受講生を誇る人気授業「現代教育論」を紹介する。講義を担当する教員の一人・丹野義彦教授にお話を伺った。


1. 現代教育論という講義 | 2. 学生に対して


「現代教育論」で扱う領域

丹野先生

基本的に現代教育論がどういう授業かというと、現代の教育で、どんな事が問題になっていて、どういう風にしていくべきかを幅広く考えていく授業です。校内暴力・管理主義・いじめといった小中学校で問題になっていること、神経症・対人不安という臨床心理学の基礎的なこと、それから世界の教育・大学入試・一般教育のような教育社会学的な問題、大きくその3つに分けて話をしています。

教養学部の授業には3つの使命があります。一つは専門に対する基礎教育という面です。3,4年生で本郷の専門学部に進んだときの為の基礎になるような事を、1,2年生のうちに駒場で勉強するということです。理学部なら自然科学の基礎を駒場で学ぶでしょうし、医学部だったら医学の基礎になる自然科学の勉強を駒場でするわけです。現代教育論においても、人文科学や教育学の基礎になる事を勉強します。二つ目は教養教育ですね。専門学部に進む前に、世の中のいろんなことを幅広く勉強して、一般教養として知っておくべきことを身につけるということです。現代教育論で言えば、今日本の中で教育のどういうことが問題になっているかを学生に知ってもらうということですね。あともう一つ、駒場の授業は本郷の専門学部の出店みたいな側面を持っていて、専門への入門教育としての役割を持っています。自然科学なら「理学部でこういう研究をしているから面白そうだ、こういうことをやったらどうか」というのを出店的に宣伝するんですよね。同じように教育学部の出店として教育学の授業があるので、現代教育論を聴いて、「教育学部ではこんな面白い事をやっているんだ、教育学部へ進みたい」と学生に思ってもらえるような、本郷の授業のサンプルになることをやっています。このように、教養学部のどの授業でも多かれ少なかれこの3つの使命があります。私の「現代教育論」も3つの使命を果たすようにしていますが、特に二つ目の教養教育の比重が最も高いかなと思います。

専門分野と講義との関連

私は臨床心理学や教育病理学を研究しています。臨床心理学というのは心理学を応用して心の問題を持った人への援助をしていく学問です。臨床心理学の対象は中学生・高校生・大学生という青年期の方が多いんですよね。ですから必然的に学校教育の問題とどうしても関わらざるを得ないわけで、その点で関連があるということですかね。

いじめなんてのは最近非常に問題となっていますよね。私が大学で学生相談やカウンセリングをやっていると、中学校時代に友達から受けたいじめが大学生になっても大きなトラウマになっている人がたくさんいるんです。学校での問題が今の青年の心の健康に非常に大きな影響力を持っていると思うんです。そういうわけで臨床心理学を生かして、現代の教育の問題に役に立てています。無味乾燥で誰も興味を持たないようなオタク的なことを象牙の塔の中で研究するだけではなくて、アップ・トゥ・デートな今の日本の社会で問題になっているような事を研究したいと思っています。

社会問題と東大

丹野先生

教育の問題というのは社会的な問題そのものなので、まさに教育を知るということは社会を知るということだと思います。ですから私がやっている現代教育論の授業はかなりの部分が社会を知ることが目的となっているといっても良いでしょう。講義で取り上げる話題はどれも日本の社会の中の大きな問題なので、そういうことを知ってもらうのは、まさに今の日本の問題を知るということだと思います。

2つほど例を挙げるならば、いじめの問題とオウム真理教の問題ですね。いじめの問題が最近テレビや新聞に毎日のように出ています。私はここに赴任してからずっといじめの問題を取り上げていて、いじめに関するアンケートなどをしてきたんですね。その結果東大生でもいじめの被害・加害の経験があり、いじめの当事者になるということが分かってきました。東大生はいじめとは関係がないように思われたり、あるいは人をいじめて上手くのし上がってきたんじゃないかという風に思われたり、いろんな見方があると思いますが、全然そんな事はなくて、普通の人と同じようにいじめたりいじめられたり、一般の傾向と同じような傾向がはっきり分かるということです。

もう一つ、1995年にオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こして、東大の駒場キャンパスがカルト宗教の草刈場になっているというのが報道されたんですよね。麻原彰晃が駒場祭の時に900番教室で講演をした事があったんですよ。当時はオウム真理教は多少危ないけど普通の宗教団体だとみんな思っていたのですが、その後すぐにああいう大事件を起こして捕まりました。その時、東大生がなぜオウム真理教に惹かれていったかということが当時非常に駒場キャンパスの中で問題になりました。オウム真理教に入信した東大生はたくさんいたし、幹部の中にも東大生が数多くいました。私は、駒場の教養学部の雰囲気が問題なんじゃないかと思いまして、色々調査しました。駒場キャンパスというのは非常に特殊なキャンパスで、言わばほったらかしですよね。他の大学は教養学部がなくなっているので、みんな入ったときから同じ学科の小さな集団の一員ということで仲間ができるんです。それに対して、東大は文一・文二・文三などの科類に何百人単位で入ってきて、一応クラスはあるけどそれほど機能していなかったりする。そのために駒場に来ても居場所がないという学生がたくさんいると思うんですよね。駒場キャンパスのそういう雰囲気が、メンタルヘルスやアパシーの問題を増やしていたり、あるいはカルト宗教の中に居心地の良さを見出す人達を増やしていくのではないでしょうか。そういうことを何とかするために東大も色々と工夫をしていますが、駒場キャンパスの特殊性というのは問題だと思いますね。

そもそも教養教育というやり方は、アメリカでは成功を収めていたんです。少人数制のきめ細かい授業で、個人のあらゆるニーズに対応しているからです。でも、日本ではその教養教育を大人数制の講義で行っているから、あまり上手くいっていないんです。その点において、私は駒場の教育体制は改善する余地がたくさんあると思っています。


1. 現代教育論という講義 | 2. 学生に対して