第二外国語紹介

東大に合格したら、すぐに第二外国語を選択することになります。ここではその参考として、各外国語の選択者による第二外国語の紹介をご用意しました。


中国語

初修外国語として開講される中国語は、中国で「普通话」と呼ばれ、北京語を基に中華人民共和国の共通語として制定 …

フランス語

フランス語はフランスのみならず、スイスやベルギー、カナダの一部、及びアフリカ大陸の旧フランス植民地諸国といった世界の幅広 …

スペイン語

スペイン語はスペインや南アメリカを中心に多くの話者を持つ言語で、東大でもスペイン語を選択する学生は多数います。東大では「 …

ドイツ語

ドイツ語は英語と同じゲルマン語派の言語で、英語に比較的近い言語です。今は昔ほど人気でないようですが、それでもドイツ語選択 …

イタリア語

イタリア語、通称「イタ語」は東大の第二外国語としては最も歴史が浅い言語で、比較的履修者は少ないです。(私のクラスは文科一 …

韓国朝鮮語

韓国朝鮮語(通称「コリ語」)の文法は、日本語とかなり似ているため、日本人が習得しやすい言語だと言えるでしょう。具体的には …

ロシア語

ロシア語は、東大の第二外国語では唯一のスラブ語派の言語です。ロシアのみならず、旧ソ連のカザフスタン、キルギス、ベラルーシ …